読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

シュトレン・チャレンジ 4回目

シュトレン・ショコラのレポートの前に、、、

今季4回目のシュトレンについて

 

12月に入り、気温も下がってきて、

バターを扱うお菓子には良い季節になりました

 

そこで、三度目の正直ならぬ、四度目のチャレンジ

 

そもそも「シュトレン」というのは、

寒い国ドイツの、クリスマスのお菓子なわけで、

大阪のぬるい気候で良いものを仕上げるのは、なかなか難しい、

と、いうことを、いまさら実感。

 

そういう意味では

日中の気温が20℃を下回るようになった今こそ

絶好のチャレンジ日和!!!♪

 

さて、 

いきなり、今回の変更点

捏ね時間を20分から15分に短縮しました

 

これまでは、バターをしっかり生地に抱き込ませる目的で

生地をしつこいくらい長時間捏ねていました

が、

ホームベーカリーでは、

この間にモーターの熱が徐々にパンケースに伝わり

生地温度が上がって、

せっかく生地に練り込んだバターが

溶けはじめていることに気づきました

( ̄Д ̄;) ガーン 

そこで、長時間捏ねたいけれども、生地温度は上げたくない、という

二つの要求を満たす捏ね時間を考えて、、、

まあ、だいたい15分くらいかなっ、と、言う結論に・・・

┐('~`;)┌ ケッコウ テキトー ナンダケドネ 

 

本当は20分捏ねたいです

キッチンエイドのような、

モーターと作業ボウルが分離したツールがあれば

20分捏ねると思います

 

そして、捏ね終わったら、すぐにホームベーカリーから取り出し

ホコリよけ&乾燥防止のために、ラップをかぶせて

あたたかいキッチンから、我が家で一番室温の低い部屋へ速攻移動

f:id:maiko1970e:20151208154703j:plain

 

発酵温度は15℃前後

おかげでバターは溶け出すことなく発酵終了

f:id:maiko1970e:20151208155004j:plain

生地を出した後のパンケースには

前回のように、したたるほどのバターは残っていませんでした!

 

f:id:maiko1970e:20151208155226j:plain

前回と同じ手順でドライフルーツをナッツを練り込みます

 

前回はこの後すぐに冷蔵庫保存をしましたが、

今回は、終始生地の温度が低い状態での作業で

あまり発酵が進んでいない感じだったので

ナッツ等を練り込んだ後、もう一度

一時間ほど寒い部屋で休ませてから冷蔵庫へ移動しました

そしていつも通り、一晩寝かせます

 

翌日、作業1時間前に冷蔵庫から生地を出します

f:id:maiko1970e:20151208155516j:plain

こちらは今回の生地

 

f:id:maiko1970e:20151124211107j:plain

そしてこちらは前回

 

違い、お分かりいただけますよね?

今回は、前回のように溶け出したバターの跡がありません♪

生地の温度をあげないように注意を払った甲斐がありました!

 

成形中にも、生地に余計な熱が伝わらないように心がけ、

最終発酵も室温の低い部屋で行います

北風の吹きすさぶその部屋の温度は・・・

f:id:maiko1970e:20151209124606j:plain

いい感じです♪

 

前回「発酵は2時間で!」宣言をしましたが、前言撤回

 

これだけ温度が低いと、早々発酵するものでもないので

これまで通り2時間30分の発酵時間をとりました

 

こちらが発酵終了後、焼成直前の生地

f:id:maiko1970e:20151208155706j:plain

今回は前回ほどは膨れていないと思います

 

そして焼成 

f:id:maiko1970e:20151208155743j:plain

生地と生地の間に、かなり幅をとって焼成したつもりでしたが

天板上でキツキツに・・・

焼成前にはそれほど発酵しているようには見えませんでしたが、

いざ、焼いてみると、結構膨れてますね

 

170℃で40分焼成後にオーブンーペーパーを外して、

20分ほど仕上げ焼き

f:id:maiko1970e:20151208155828j:plain

できましたー!!

うん、いい感じじゃないでしょうかっ!!

 

そして、

ここでひとつの疑問点が・・・

「バターって、生地が熱いうちに塗るべきなん???」

 

これまでは、焼成後すぐに溶かしバターを塗っていたのですが

出来たての熱いうちに塗るバターは、

すっと生地にしみ込んで、

一度塗っただけでは、塗る前とさほど違いが分からない外見になります

それはそれで「風味をプラス!」みたいなポジティブな見方もあるんでしょうが

既にもうたっくさんバターを練り込んで焼きあげた生地に

更にバターの風味をプラスする必要があるのか?と、

貧乏性の私は思うわけです

 

もしも、このバターを塗る作業が、

シュトレン生地の乾燥を防ぐためであったり、

その後にまぶす粉砂糖の付きを良くするための

ファンデーション的目的であったりするならば

価値のあるものに思えてきますが

その場合、

必ずしも焼きあげ直後の生地の熱い状態で無くとも

目的は果たせそうな気がします

 

そこで今回は生地が冷めきってから煮詰めバターを塗ってみました

それがこちら ↓

f:id:maiko1970e:20151208155907j:plain

つやつや♪

 

うん、わたし的にはダンゼンこちらの方がおすすめです

2016.11/10 前言撤回です

温かいうちに塗るバターには、それなりの意味があります

おススメは、焼成直後と冷めてからの、二度塗り

この件については、また後日、話題にしたいと思っています

粉糖の付きも良かったですし、

ドライフルーツからしみ出る水分で、

まぶした粉糖が湿気てまだらになる事件も軽減された気がします

 

参考にしたレシピの大半は

焼成直後の熱いうちに溶かしバターを塗る」

となってましたので、大きな声じゃあ言えないんですけどね

 

ふう。

今季四回目にしてやっと満足いく出来になりました

 

もうちょっとレシピを安定させて、

来季くらいには是非!

HPのほうにレシピをUPしたいと思っています