読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

羽二重もち米で、鏡餅

z-00.その他

先日ご紹介した

滋賀県産・羽二重もち米 玄米20kg

f:id:maiko1970e:20160107223016j:plain

 

こちらのもち米を使って

12月30日に鏡餅をつきました

 

もち米を玄米で購入するなんて、初めて

(*´ェ`*)ポッ 

しかも

羽二重もち米

(*ノェノ)キャー 

 

もうね、

年甲斐もなく

ドキドキしながら餅つきしましたよ

 

ところが・・・

 

羽二重もち米で、鏡餅を作るのは、ムズカシイ!!!

 

なにが難しいって、

とにかく、やわらかすぎるんです、餅が

 

うちの鏡餅

5合のもち米でひと組作るサイズなんですけども

大きい方のお餅を手のひらに乗せて

きれいな球状にまとめようと思っても

指と指の間から、餅が流れ出るとでもいいましょうか

とにかく、やわらかすぎて

いつも通りの作業ができないんですね・・・

 

それに、つき上がりのお餅の温度も高めのような気がします

たぶん、お餅が含む水分量が多いんでしょうね

実家では「餅切りのマイコ」の異名を持つ私。

お餅が熱いのは結構平気なハズなんですが

今回のお餅は、マジで、やけどしそうに熱くて、

「熱い!熱い!」と、叫びながらの作業になりました

グッスン (´_`。) ダレモ キイチャ イナカッタ ガネ…

 

そうしてできた鏡餅が、こちら

f:id:maiko1970e:20160107224659j:plain

つき上がった餅の温度が高すぎると

表面にしわが入りやすくなりますよね

例年の出来ですと、

この時点ではもっとパンッとした張りがあって

表面もツルンツルンな、はずなんです・・・

 

と、いうわけで

今回の出来は

鏡餅としてはかなり不満の残る仕上がり・・・ 

なにが不満って・・・

f:id:maiko1970e:20160107224900j:plain

こういうシワが入っちゃったあたりが、特に

 

とはいえ、

三方に飾り付けたら、立派な鏡餅になりました

f:id:maiko1970e:20160107225220j:plain

 

鏡餅を作るにはどうやら不向きな羽二重もち米ですが

普通にいただく分には

めちゃくちゃおいしいです♪

 

キメが細かくて、伸びが非常に良いので

子どもたちは

「マンガのお餅みた~い!!」

と、大はしゃぎ

 

精米したてだからか、

もち米にありがちな苦みの残る後味も全くありません

 

ただ、少し水っぽくて溶けやすい気がするので

鍋料理には向かないかも??

 

やー、満足しました、羽二重もち米

マダ10kgイジョウ ( ´⊿`)y-~~ ノコッテル ケドネ

そして、

これに懲りず

次回はこがねもちを試してみようと

決意を新たにするワタクシなのでした

 

さて、今日は七草がゆの日ですね

本来は朝食にいただくべきらしいですが

我が家は毎年夕食でいただいています

f:id:maiko1970e:20160107230406j:plain

レシピはクックパッドの「れぴまが」で紹介された中華風の七草がゆ

Cpicon 食べやすくアレンジ☆中華風七草粥 by らるむ。 

しかも、七草フリーズドライ品・・・

 

本来あるべき姿とはいろいろ違っちゃってる気もしますが・・・

ま、ありだよね、こういうのも♪