読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

ヨーグルティアで、塩麹

塩麹が無くなったので、

作らなくては、と。

 

でも、

そういえば、これまで、

冬場に作ったことが無かったなぁ、

と、いうことに、改めて、気づきました

 

塩麹作りは

夏場の常温で5日程度

冬場は・・・・・・・

 

うーん、これはヨーグルティアの出番ですね

 

 

「夏場の常温」を基準にするなら、

35度くらいに設定すればいいかな?

でも、5日も通電し続けるのは、ちょっと抵抗が、、、

一定温度を保てば、少しは早く仕上がるのかな・・・?

 

などと考えつつ、

Google先生におたずねしてみる

 

そして、

ヨーグルティアを使い

1日で塩麹を作っちゃう方法を見つけました

 

ヨーグルティアを55度に設定し、

6時間保温で、完成

 

ほほー、

あれ?でもまてよ?

以前読んだブログ記事で、

この方法を否定するような話を読んだような・・・

 

と、思って検索したら、ありました

こちらです↓

mw17.exblog.jp

 

そして、こちら↓

mw17.exblog.jp

 

記事内容を要約すると、

塩麹の材料をヨーグルティアに60度5時間かけてみたら

こなれたいい感じの塩麹が出来上がった。

ところがコメント欄に

「麹菌は50度で死滅するので意味がないのでは?」

というようなことを書かれて、試行錯誤。

というおはなし。

 

もう5年近く前の話で

当時はヨーグルティアで作る方法は一般的でなく

「そうなんだー」としか思いませんでしたが

今、検索しなおすと、

「ヨーグルティアで塩麹」はかなりメジャーな方法なんですよね

 

じゃあ、

「55度で麹菌が死滅」っていう話は、どこ行ったの?

と、思って検索したら・・・

 

ありました、それについての情報

ameblo.jp

 

この記事に書かれている、件の本からの抜粋によると

麹カビは食塩と混ぜ合わさることで、生育を停止します。
 
しかし、麹カビが生産した酵素は、生きたまま活力を保ち続け、塩糀を熟成している間に、米デンプンを分解してグルコースをつくり、甘味を増していきます。

とのこと。

そして、

温度調整のできるヨーグルトメーカーを利用することができるなら、55℃に設定して発酵させれば、塩糀づくりは一晩で完成します。
 
この場合、酵素は非常によく働き、しかも酵素活性の低下もほとんど見られません。また、このくらい高い温度でも短期間なら、雑菌が繁殖する心配もありません。

だそうです。

「件の本」とは、はこちら↓

 

 

なるほど、なるほどー!!!!!

 

これで安心して、ヨーグルトメーカーを使えます♪

 

と、いうことで、塩麹づくり。

 

1日で完成するなら、

必要量をその都度作る方が無駄がないですよね

 

ですので、米麹180gに対し塩60g

それに水240gを入れて作りました

f:id:maiko1970e:20160210202524j:plain

 

米麹は「上げ馬」の蔵元、細川酒造株式会社からのお取り寄せ

塩はゲランド塩の粗塩を使用しています

 

ちなみに、米麹は、

お味噌屋さんや漬けもの屋さんが扱うものよりも

酒造会社が提供するものの方が、

香りが良いように思います

中には麹の時点ですでに味噌っぽいにおいの物もあるので・・・

 

分量の水を加えて

軽く混ぜ合わせ・・・

f:id:maiko1970e:20160210203810j:plain

 

55度にセットしたヨーグルティアに入れて、7時間

米麹が冷凍保存のもので、水温も低かったので、

素材の温度が55度まで上がる分も考えて1時間プラスしました

f:id:maiko1970e:20160210203856j:plain

できたー!!!

 

うん、芯までふっくら、やわらかくなって、めっちゃいい感じですっ!

なんか、あっけなさすぎて・・・

これまでの作り方ってなんだったの???って感じです

 

今後はこの方法で作ることに決めました!

 

我が家で1位、2位を争うお役立ち調理家電「ヨーグルティア」♪

ヨーグルトはもちろん、塩麹・甘酒に、お肉の低温調理

チョコレートのテンパリングまで、何でもこなしちゃうっ! 

使いこなせれば、買って損はない、超おススメ商品♪