読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

おススメの、コーヒーメーカー

以前、

コーヒー豆を粉にするための、

コーヒーグラインダーをご紹介したことがあるのですが・・・

pour-les-petits.hatenablog.com

 

じゃあ、コーヒーメーカーは?というと・・・

私のおススメは、こちら↓です

f:id:maiko1970e:20160425160744j:plain

 

ハリオのコーヒーメーカーV60

その名も「珈琲王」

 

 

Amazonでコーヒーメーカーを検索すると

安いものでは1000円弱から、

高いものでは10万円を超えるものまで

多種多様な機種が存在します

 

その中で、

こちらをおススメする理由は

造りが単純で、清潔に保ちやすく、

メインのパーツが手に入れやすい、という点

しかしながら、味の方は、正直言ってよくわからない・・・という不甲斐なさ

 

V60の基本形は

こちらのドリッパーになります

 

ハンドドリップ用のドリッパーなんですが

その独特の形と筋模様が高評価を得ている商品

 

専用のサーバーがこちらで・・・

 

 

この二点にペーパーフィルターを用意すれば、

それだけでドリップコーヒーを楽しめます  

コーヒー豆も U。・ェ・。Uノ わすれないでね

f:id:maiko1970e:20160425162616j:plain

 

マシンは、おまけ 

おまけの方が、高いんだけどね 

おまけ、なんですけども

時間のかかるドリップ作業を自動でやってくれる、という

便利なシロモノ

 

湯温や蒸らし、注ぎ方など、こだわればキリがない

「ハンドドリップ作業」

 

ですが、

こだわりのない私のような者には

いちいち ┐('~`;)┌ めんどくさいのよぅ~

ってな感じで・・・

 

それらをベストな方法で

しかも、自動でやってくれるなんて、

夢のような機械ではないか!と思うわけです

 

更に、

このドリッパーとサーバーは

ホームセンターに行けばたいてい売っているメジャーな商品

大きめのスーパーにも、売っています

 

なので、

割れたり、欠けたりしたときに

すぐに代替品が用意できる点も、ありがたい!

 

また先にも書いたとおり、

造りがシンプルなので掃除が楽なところも

主婦的にはおススメポイント

水洗い出来ない部分をコーヒー液が通過するような商品も散見されるので・・・

 

とまあ、わたし的に長所だと思う点を挙げてみましたが

短所ももちろん、あります

 

まずはペーパーフィルター

f:id:maiko1970e:20160425222638j:plain

写真のような、

V60専用のペーパーフィルターを購入する必要があります

ただし、これも一般的な形ではない、というだけで

スーパーやホームセンターなどで購入可能なので

特別な商品、というわけではありません 

 

 

でも、大量購入の際にはネット通販がおススメ! 

 

次に、保温機能

これも弱いです

 

一応、コーヒーサーバー(ポット)の底部を

ヒーターで温める仕様にはなっていますが

保温モードは30分で終了し、自動で電源が落ちるようになっています

 

どのみち

長時間保温できたところで、

抽出後のコーヒーは不味くなる一方なので

V60のコンセプトとしては

「淹れたら、すぐ、飲め」

ってことなんでしょう

私はカフェオレで飲むのが定番なので

電子レンジでの温めなおしが必須

だから、この点についてはまったく問題ナシ

 

ただ、最近では

保温ポットに直接抽出するコーヒーメーカーも多いですよね

 

味の劣化を最小限にとどめつつ、長時間保温可能な商品と比べると

生活スタイルによってはV60が選択肢から外れることもあるでしょう

 

最後にネックになるのは・・・

やっぱりお値段ですかね・・・

 

ミルや浄水機能などの、特別な機能が付いているわけでもないのに

一万円越え、というのは

同等のコーヒーメーカーの中ではちょっとお高めだと思います

味の差がわかっていないだけに、余計そう思う・・・

個人的には、それでもおすすめだと思いますが、

この辺りは価値観によりますね

 

楽天ならポイント10倍のお店や

コーヒー豆とセット販売のお店もあります

 

コーヒーメーカーにも、

それぞれに長所短所があります

好みや生活様式の違いによる、使い勝手の善し悪しもあると思いますが・・・

個人的には、一押しです

 

なんと、ふるさと納税バージョンもあるようです

びっくり!