読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

超楽レシピ♪ 市販のキャラメルで、「ミックスナッツ・タフィー」

本日は、

簡単なのに、見栄えする、超楽レシピ

「ミックスナッツ・トフィー」の、ご紹介です

 

f:id:maiko1970e:20160916211345j:plain

 

用意するものは

・キャラメル

・お好みのナッツ

以上。

 

ナッツは塩付きでも、無塩でも、

どちらもおいしく仕上がります

 

また、製菓用の生ナッツよりは、

ロースト済みのおつまみ用ナッツの方がカリッと仕上がるようです

 

焼成時に使う焼型として、シリコンカップなどあると便利ですが

なければグラシンケースに入れて

マフィン型などで焼成することもできます

 

 

さて、

作り方は、超簡単

 

シリコンカップにキャラメルを入れて・・・

f:id:maiko1970e:20160916211624j:plain

 

その上に

お好みのナッツを

お好きなだけ、のせます

f:id:maiko1970e:20160916212157j:plain

さしてテクニックのいらないレシピなんですが

それでも気を付けていただきたいのが、この部分。

 

かならずキャラメルの上にナッツを置くようにします

こうすることで、

キャラメルが沸騰するまでの間ナッツがローストされ、

よりカリッと香ばしく仕上がります

 

準備が整ったら

天板に乗せて、焼成

 

焼成温度と焼成時間は、型によって変わります

 

我が家では、

 

シリコン型の場合;

オーブンの下段使用

焼成温度コンベクション有りで190度、焼成時間15分

 

金型の場合;

オーブンの上段使用

焼成温度コンベクション有りで180度、焼成時間13分~15分

 

と、こんな感じです

 

温度も時間も、オーブンの機種や型の材質で変動しますが

シリコン型は、熱の伝わりが悪いので熱源の近くに置くようにして、

オーブンの下段を使う理由がコレ↑です

若干温度高めで作業しています

 

「焼きモノ」は、実際の仕上がり具合を見て、

それぞれのご家庭ごとに焼成温度や時間を調節するのが理想です

どんなに気の利いたレシピを参考にしても、

レシピ通りには焼き上がらないことのほうが、普通。

というのが、私の持論

f:id:maiko1970e:20160916213437j:plain

写真のように、

ナッツが隠れるくらいキャラメルが沸騰していたらOK

 

そしてもう一つの、ポイント。

 

オーブンから出したら、

なるべく早いうちに「バリ」を取るのがおススメです

 

「バリ」とは・・・・・

f:id:maiko1970e:20160919224715j:plain

 

コレをそのままにしておくと、

こうなります

f:id:maiko1970e:20160919224754j:plain

写真の上の方が、バリ付き。

 

この「バリ」がとても薄くて固く、非常に鋭利。

食べる際には凶器と化します

冷めてから、ぱきぱき折るのでもいいんですが

もったいないので、温かく柔らかいうちに

スパチュラ等で折りたたむと良いです 

 

こんな風に↓

f:id:maiko1970e:20160919225110j:plain

 

あとは、冷めるまで放置。

 

冷めたら、型から取り出して、出来上がり!

湿気を避けて、保存容器に移し替えます

ナッツもキャラメルもパリパリ!サクサク!が理想の仕上がりです

 

今回はコストコで購入した

トレファンというブランドのキャラメルを使用しました

売り切り価格で960g入りが577円! 

f:id:maiko1970e:20160919225334j:plain

 

トレファンのキャラメルは

マフィン型で作るタフィー向けにあつらえたかのような円盤型の形状だったんですが

日本でよく見る四角いキャラメルでももちろんできます

経験上、

クリーミーさや滑らかさを売りにしている高価なキャラメルよりも

ストレートに「キャラメル」として売ってあるような商品の方が

カリカリのタフィーになりやすい、と思っています

 

↑こんな感じの商品が、おすすめだと思う 

 

そのまま食べると、ねちっとした普通のキャラメルが

焼きなおすとカリッとした「タフィー」に変わります

 

その仕組みは下にリンクしたサイトの

「砂糖の温度七変化」という項目を参考にされると分かりやすいと思います

 

特集2 食材まるかじり(3)知って上手に使おう!砂糖のすごい力 :農林水産省

 

キャラメルに使われているなめらかな状態の砂糖;120度の状態、を

140度程度まで加熱して、 カリカリに変化させるわけです

 

私は「オーブンの温度設定は180度~190度」と書きましたが

キャラメルを140度まで加熱するのが目的ですから、

もっと低い、例えば160度くらいで時間をかけて焼成するのもアリですね

その場合は、加熱時間を長めにとることになります

焼成のポイントとしては、

「ナッツが焦げる前にキャラメルを140度に加熱する」

ということになるかと思います

 

ナッツもキャラメルも、

焦げると苦みが出ますので、注意してくださいね

 

あと、キャラメルよりもサクサク軽い食べ心地ですが

カロリーはUPしてますので、その点も、要注意デス・・・

 

f:id:maiko1970e:20160916211345j:plain

でも、美味しい!

 ( ̄Q ̄)C● ←カロリー爆弾