読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

ウマい!「芋餅」の、レシピ

おいしいですよね、「芋餅」

家族が、「源ぺい」の芋餅ファンで

行くと必ず、注文してます

正確には「ポテトチーズもち」、とか、なんとかいう名前

 

これが、2個一皿で500円くらいするメニューなんですよ!

 

主婦としては、

「うちでも作れたら、こんな高いの、頼まんですむのに」

(" ̄д ̄)チッ!

と、思ってしまうわけです

 

そこでこれまで数度にわたり、

いろんな「芋餅レシピ」を試してきたんです・・・が・・・

毎回、

玉砕。

 

「源ぺいのほうが、おいしい。」

ですと。

アアソウデスカ (;-_-) =3 ソウデショウトモ 

 

しかし遂に、今日、

母はやりましたよ。

( ̄ー+ ̄)ニヤリ* 

 

源ぺいの芋餅に迫るレシピ、発見ですっ!! 

 

park.ajinomoto.co.jp

 

このレシピの一番の特徴は、

マヨネーズを大量投入して生地をまとめる所

 

焼成前の生地を味見したところ

マヨネーズの酸味と、たまごボーロ様の粉っぽさを感じる

微妙な味でしたが

焼くと酸味も粉っぽさも消えて、すっごく美味しかったです!

 

レシピにもあるとおり、

じゃがいもは丸ごと茹でるのがポイントかと・・・

切るとゆで時間は短縮できますが、水っぽい仕上がりになりそうです

 

Aの材料;マヨネーズ、片栗粉、塩、を混ぜる手順が

詳しく書かれていないのですが

私は均一に混ぜるために

まず、マヨネーズに片栗粉と塩を混ぜてから

茹でたじゃがいもを皮をむき次第、順次投入、

マッシュしつつ、混ぜ合わせていきました

 

レシピに書いていないコツですが、

成形は、生地が温かいうちにしておく方がよさそうです

温かいうちはとてもまとまりが良くて

チーズも包みやすかったんですが

冷えると若干もろもろした触感で、粘りがなく

形を変えづらかったので

 

また、レシピでは5gのバターで焼いていますが

私はフライパンに1cmくらい油をはり、

軽く揚げ焼きのような形で仕上げました

このほうが全体に均一な焼き色がついて

見た目がきれいに仕上がるかと・・・ 

カロリーは高くなりますが・・・・・ 

 

揚げ焼きにする場合のポイントは

高温でさっと、です

低温でじわじわ加熱すると

中のチーズが溶けだしてきますので、要注意。

↑ すでに、失敗経験済み。

 

そうしてできた芋餅が、こちら

f:id:maiko1970e:20170117232202j:plain

源ぺいの芋餅が、まさに、こんな感じ。

 

子どもたちも

「源ぺいのポテトもちと一緒だぁ~!!!」と

大興奮でした

 

超、おすすめの、レシピです!