「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

『表巻きロールケーキ』;「割れない」生地作りの、コツ

先日から、

『共立て生地の、表巻きロールケーキ』について、

語っています

 

f:id:maiko1970e:20170912220501j:plain

これまでの記事はこちら ↓

・「共立て生地」で、ロールケーキ 

・『 表巻き 』;焼き色をはがさないための、裏ワザ 

 

 

前回は、表巻きロールケーキに起こりがちなトラブル、

『焼き色がハゲる件』

について、書きました

pour-les-petits.hatenablog.com

 

  

今回は、

『生地が割れる or ヒビが入る件』

について・・・・・

 

f:id:maiko1970e:20170822222410j:plain

ちょっとのヒビで、すべてが台無しに・・・・・
いや、これ↑は、ちょっとじゃないですけどね・・・

 

 

まず、

始めに、

「言い訳」から入らせていただきますが、

私がメインで参考にしているレシピは、

「裏巻き推奨(?)」の共立てロールケーキ生地です

「裏巻き」とは、焼き色面が内側(クリームをぬる側)に来る巻き方です

 

 

表紙写真の一番左に写っているのが、
私が参考にしている、『石塚伸吾シェフの「純生ロール」』

実は、Amazonの「なか見!検索」
レシピの一部始終を見ることができます

 

更に言うと、

上記のレシピ本に出てくる共立て生地はすべて裏巻き、

そして、もう一つ手元にある、

小嶋ルミさんの「卵ロール」のレシピも、裏巻き・・・・・

 

食べ応えのある分厚さが特徴の共立て生地を、

巻き上げるだけでも、無理っぽいのに、

乾いた焼き色面を、折り曲げるとは、

これいかに。

 

もしかして、

「共立て生地の表巻きは、無謀な試み??」 

と、

一抹の不安が、過(よぎ)ったり・・・

 

「いや、だが、しかし!」

 

スーパーの店頭に並ぶ、

共立てとおぼしき、ぶ厚い生地の表巻きロールを見て、

「やってやれないことはないはず!!」

と、

不遜にも、思ったり・・・

 

https://www.yamazakipan.co.jp/brand/04_01/img/h4_pms03.jpg

スーパーでコレ↑ を見ると、妙な闘志がわいてくる、私・・・。

 

とまあ、このようなごにゃごにゃを胸に、

様々試行錯誤を重ねた結果、

なんとか最近、コンスタントに、

「割れてない表巻きロールケーキ」ができるようになってきました

 

f:id:maiko1970e:20170912220732j:plain

 

さて、 

ロールケーキのシート生地が割れてしまう原因は、

実のところ、色々とあります

 

焼成具合や、巻き方、もしくは、生地そのものに問題がある場合など・・・

こんな事を書いている私自身、
まだまだ、生地割れの原因をきちんと理解しているとは言い難いところがありますし・・・

 

その内、なんと言っても、一番初めに見直すべきは、

「生地の、作り方」

かな?、と・・・。

 

ちなみに、 

私が参考にしているロールケーキ・レシピの生地ですが、

表巻きにこだわりさえしなければ、

何の苦労も無くロールできそうな、

とても柔らかい生地に焼き上がります

f:id:maiko1970e:20170912223146j:plain

切り落とした端っこの生地ですが、
こんな風にくるくる巻けちゃうくらい、柔軟性があります 

 

しかし、

こんな風に言えるのも、

試行錯誤を重ねた末の、現在の話で、

以前は表・裏関係なく、巻き上げ時にトラブルが発生する、

やや硬めの生地に焼き上がっていました

 

お菓子作りでは、

レシピ上の分量が同じでも、

ちょっとしたコツを外すと、元レシピとは出来が違ってしまう、

ということがよくあります

そしてロールケーキの場合、コツの違いが、生地割れとなって出現

<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!! 

 

そこで、

私が収集した「生地作りに関するコツ」と称される情報の中から、

実践してみて効果があった(ような気がする)注意点

挙げてみようと思います

ただし、参考にされるレシピによっては相反する内容となることもあり得ます
また、以下の内容が全てにおいて絶対に正しい、という意味でもありません

 

その①-卵はL玉を使用する

L玉を使う理由は、全体における卵黄の比率が多くなりすぎないようにする、
ということみたいです
卵黄が多めの方が生地のコクは増す気がしますが、(卵白には味が無いので)
焼成後の生地は良く言えばさっくり、悪く言えば硬くボソボソになりがちなんだそうです

卵白の多少は、食べ比べて明確に違いがわかるほどの差は出ないかもしれませんが、
巻きあげたときにヒビが入るか入らないか程度の違いにはなるようです

「L玉を云々」、というこのコツは、
「卵黄の比率が高くなりすぎないようにする」、というのが意図するところなので

M玉を使用して、レシピ重量に足りない分を卵白で補う、という方法もアリだと思います
(私はこのやり方↑で作ってます)

 

その②-湯せんにかけた全卵の温度を高くしすぎない

共立ての場合、全卵を本格的に泡立て始める前に、
砂糖を加えて湯せんにかけ、「人肌程度に温める」と指示されるのが一般的なのですが
このとき、卵液の温度が上がりすぎると、ボソボソした生地になるそうです

泡立ちが良くなるのは「35度から40度」らしいですが、
「40度は絶対に超さないようにする」、というのがポイントのようです

温度計がない場合は、卵液に指を浸けて、
「ちょっとぬるめ」から「ちょっとあたたかめ」 までの間を目安にすると良さそうです

 

その③-全卵は泡立てすぎない

私は泡立てに、ハンドミキサーを使用しています
ハンドミキサーは楽ですが、容易に泡立てすぎ状態に陥る点では注意が必要です

私の泡立て例ですが、
始めは高速で2分、後に低速で5分、
合計7分くらいかけてじっくりと泡立てています

泡立て時間が長い方が、泡が安定してつぶれにくくなる気がしますが、
長い時間泡だてるとその分泡立ち過ぎてしまうので、
最低速モードを使いこなし、泡立ち具合を上手くコントロールするのが大事かなと思っています

泡立て完了時の卵液は、
「ミキサーの羽根ですくい上げた生地が、
糸状にゆっくり垂れ落ちて、積み重なる跡がくっきり残る」状態で、
「糸状にゆっくり垂れ落ち」るのを、
絶対に超えないようにするのが、重要なポイントらしいです

ちなみに、
ハンドミキサーの羽根に引っかかった生地が塊で持ち上がるところまでいってしまうと

「泡立てすぎ」ということになります

 

その④-粉を入れたら、しっかり混ぜる

これについては以前、「共立て生地」で、ロールケーキ にも書きましたが
共立て生地では、「とにかくしっかり混ぜる」ことが、
きめ細かく、口どけの良い生地作りのポイントになります

これは、そのまま、素材同志がしっかりとつながっていて、柔軟性のある、
巻きやすい生地の仕上がりへとつながります

泡立てた卵の、大きな気泡が潰れて、やや水っぽさを感じる程度まで
しっかりと、ていねいに、混ぜ込みます

 

その⑤-型に流した生地の表面をいじりすぎない

ロールケーキ天板に流し入れた生地の表面は、カードで均すのが一般的です

なるべく平らになるように、ついつい何回も「均し」てしまいがちですが
あまり神経質にやりすぎないのもポイントらしいです

生地表面の気泡が潰れて、焼き上がりが固くなり
ヒビが入りやすくなります

また、この理由から、気泡が潰れた生地は
(例えば、ボウルに残った生地やカードについた生地をぬぐった時)
割れやヒビが影響しない、型の角の方に流すようにします
 

[番外]-生地の量、厚みに注意する

共立てロールケーキは、なんと言ってもふかふかと分厚い生地がミソ!だとは思いますが
やはり、生地が分厚くなればなるほど、巻き上げ時に割れる可能性は高くなります

現在私は26cm×21cmのミニロールケーキ天板にて、
全卵二個分のレシピで生地を作り、
ロールケーキに仕立てた際の生地部分の厚みは約1.8mm、となっていますが、
これは全体的に巻きの緩い、生クリームたっぷり目のロールだからこそ
可能な厚みかなと思っています

仕上がりがどうしても割れてしまう場合には、
生地の厚みを考えなおす(レシピの分量を減らす)というのも、一つの方法だと思います

 

とまあ、こんなところでしょうか・・・・・

 

特に、

巻き上げ時に、生地がぱっくり割れる、という方は、

生地作りの時点で不具合が起こっているケースが多いように思うので、

ぜひ、見直しの参考にしてみてください

 

上記のポイントを参考にしつつ、作業行程を見直せば、

解決する可能性がかなり高いと思います

 

ただ、

参考にするレシピによって、

注意すべき点が違っていることも、大いにあり得ますので、 

生地作りの大前提として、

レシピ制作者の意図をよくよく読み込んで、

レシピに忠実に作ることを心掛ける、というのは基本です

レシピには、結構さらっと、要になるポイントが記述されていたりします
そういう部分をしっかりくみ取りつつ、基本に立ち返って作ってみるのが
意外に成功への近道だったりします

その上で、

上記の「コツ」をご覧いただければ幸いです

 

ちなみに、

上記の注意点のうち、

わたし史上、最も改善の実感が得られた「コツ」は、

③番の、泡立てすぎない

という部分。

 

共立てのロールケーキ生地作りに慣れていない人は、

全卵を「とにかく泡立てる」ということに集中しすぎて、

ついつい、やり過ぎてしまいがち

かく言う私も、最高速でガンガン泡立ててましたから・・・

上でも書いたように、

電動ハンドミキサーでは容易に泡立て過ぎエリアに突入してしまうので

ハンドミキサーの強さを「上手に加減する」ことがとても重要です 

最初の段階で硬く泡立て過ぎてしまった全卵生地は、
不思議なことに、
その後の薄力粉の混ぜ込みで、余分な気泡をしっかり消しても、
硬めのシート生地に焼き上がるんですよ

 

さて、

生地作りはうまくいっているはずなのに、 

巻き上げ時にひびが入るという方は、

焼成から巻き上げにかけての生地の扱いに気をつければ

改善される可能性があります

 

次回はその方法について書いてみようと思います

 

 

 

『 表巻き 』;焼き色をはがさないための、裏ワザ

ロールケーキを作るなら、

私は、

断然、

 

『 表巻き派 』

f:id:maiko1970e:20170821155930j:plain

表巻きとは、焼き色が外側に来る巻き方のことです

 

これは、全く、個人的な、

好みの問題なのですが・・・・・

 

いやしかし、

「表巻きロールケーキ」に憧れている方は、

私だけでは、ないはず

 

 

ただ、表巻きには・・・・・

 

「焼き色がはげる」

f:id:maiko1970e:20170822222318j:plain

 

「生地が割れる」「ひびが入る」

f:id:maiko1970e:20170822222410j:plain

 

などの

トラブルが、つきもの・・・・・

 

そこで、

今回は、

「焼き色をはがさないための、裏ワザ」 

を、ご紹介させていただきます

 

 

ただし、

繰り返しますが、

ご紹介するのは「裏ワザ」です。

 

本来は、

「適切な配合で、的確に作り、きちんと焼成され、

  ジャストタイミングで巻き上げる」ことが出来ていれば、

焼き色がはげることはない・・・ようなので・・・

 

ですが、

「家庭でのお菓子作り」においては、

以上に挙げたどの部分が不適切で不具合が起こっているのかを、

自分自身で解明するのは、非常に難しく、

よって、

対策・解決策も見つけにくい、という問題があるわけです

レシピが悪いのか、泡だて方が良くないのか、はたまた、オーブンの問題なのか、
それとも、それら全てが悪いのか・・・・・?
が、
自分一人では、突き止めきれない、と。
 

 

そこで、

「裏ワザ」です

 

レシピを変えても、

焼き加減を変えても、

果ては、

敷き紙の素材を変えても、

↑ オーブンペーパー・グラシン紙・更紙・クラフト紙・コピー用紙・・・etc
すべて試して玉砕経験アリ

「ハゲてしまう」

という、

アナタに贈ります 

 

使うのは、

コレ↓です

f:id:maiko1970e:20170825230011j:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

泣きにくい粉糖 シュクレ デコール 1kg
価格:933円(税込、送料別) (2017/8/24時点)

 

プードル・デコール(デコレーション用粉糖)泣かない粉糖、等と呼ばれる

湿気に強い、仕上げ用の粉砂糖です

 

これを、

粗熱のとれた生地の、焼き色面に少量振りかけて・・・・・

f:id:maiko1970e:20170825230115j:plain

振りかける量は、ごくごく少量
写真の量で小さじ1/4程度

 

f:id:maiko1970e:20170825230302j:plain

  

刷毛で薄~くお化粧してあげます

f:id:maiko1970e:20170825230400j:plain

 

その後は、通常通り、巻き上げの作業を行い・・・・・

f:id:maiko1970e:20170828153410j:plain

 

クリームが落ち着いてから、

取り出します

私はクリームを巻き込んだ後、
巻き上げに使用したオーブンペーパーと共にラップで包んで、
冷蔵庫で一晩置いています

 

さてさて・・・・・、

 

f:id:maiko1970e:20170828153513j:plain

 

安心してください
ハゲてませんよ!!! 

 ↑ いや、もう、ちょっと、さすがに、古いのでは・・・?
  ヾ(;´▽`A``

 

ただし、巻き上げ用の紙には、
オーブンペーパーなどのくっつきにくい加工がしてあるものか
グラシン紙のようなツルツルした紙をおすすめします 

 

粉糖を振りかけることにより、

若干焼き色がくすみますが、

ハゲるよりは全然マシ!!!

と、思っていただける程度の違いです

 

 

ただ、ひとつ、

作業時に注意しないといけないのが、

必ず粗熱の取れた生地に振りかけるようにする、という点です

 

これら「泣きにくい」系の粉砂糖は、

粉糖の表面を油脂でコーティングしてあるものが一般的なようですが、

一部の商品では、この「油脂」が熱で溶けることがあります

すくなくとも、スイートキッチンさんのシュクレデコールは、
熱いと、溶けます!

「熱」には、くれぐれもご注意ください。 

 

 

ちなみに、

只今、ドヤ顔でこの裏ワザを披露中の私ですが

お恥ずかしながら、 

考えついたのは私ではありません

 

このレシピ↓からのパクリです

「上原ロール」和泉光一 | お菓子・パンのレシピや作り方【cotta*コッタ】

 

この、「焼き色を泣かない粉糖で保護する方法」は、

よくよく注意してレシピ観察してみると、

結構、あちこちで使われていましたので、

一部では有名な裏ワザ(?)だったのかもしれません

そういえば、市販品にも、粉糖でお化粧した商品は、多いですよね
あれって、見た目だけの飾りではなかったのかも

 

ただ、私を含め、 

「表巻き用シート生地の、焼き色がはげる」

というお悩みをお持ちの方は

結構いらっしゃるようだったので

キャッチーなタイトルをつけてブログネタにしてみました

 

「パクリ情報」ではありますが、

「表巻き」を愛する、ご同胞に贈ります 

 

『表巻きロールケーキ』;「割れない」生地作りの、コツ も、どうぞ!

 

f:id:maiko1970e:20170824233203j:plain

今回、ハゲハゲ言い過ぎたね。
ごめんね、旦那君。

ロールケーキとは全く関係の無い、このネタについては、
こちら↓をどうぞ
⇒ 偏頭痛にもおススメ! Reキャップで頭皮マッサージ♪ - 「コロレ」別館

  

 

「共立て生地」で、ロールケーキ

まだまだ、

暑いですね。

 

気温が高いと、

作れるお菓子も限られます

 

それに、

食べたいお菓子も、

限られる

 

と、いうわけで、

最近、

ロールケーキ作りにはまっています

f:id:maiko1970e:20170821155930j:plain

ロールケーキは、
生地作りであまり気温の影響を受けないし、

焼き時間が短いし、
なんといっても、冷やして食べられるので!

 

ちなみに、

Maiko史上、

ロールケーキ作りにはまるのは、

おそらくこれで、3度目?4度目?くらい

f:id:maiko1970e:20170821155957j:plain

ハマる度、増えていったレシピ本
これまでは、その都度挫折してマイブーム終了、を迎えてます

 

私は常々、

ロールケーキの、

シンプルでありながら、完成された、

あの、姿に、あこがれてきました

 

で、

毎回、意を決して、

ピンときたレシピに

チャレンジしてみるんですが

その仕上がりは、

いつも、

なんか、

求めているものと、違う。

 

生地の食感、

なんか、ねっとりしてる・・・

クリームの雰囲気、

なんか、べたっとしてる・・・

巻かれた末の、形・・・・・

なんか、締まりがないし・・・

 

どこを取っても、

「これじゃナイ感」が、満載で・・・ 

 

こう書くと、

ずいぶんとハイレベルなものを

求めているように感じられるかもしれませんが、

私が目指しているロールケーキは、

そんなに特別なものでは、ないんです。

 

スーパーで売ってる、

こういう感じの↓で、いいんです

https://www.yamazakipan.co.jp/brand/04_01/img/h4_pms03.jpg

山崎製パンのプレミアムスイーツシリーズ「生クリームロール」

 

それが、

出来ない。

 

「ナゼだーーーーー!!!!!?????」

 

と、

言う理由が、

今回のチャレンジで、やっと分かりました

 

 

実は、

これまで私が参考にしてきたロールケーキ本は

別立てで作るレシピが多かったので、

何となく別立て生地を試してみることが多かったのですが・・・・・

f:id:maiko1970e:20170821211828j:plain

ただ、「The sweet trick」小山ロールは、本は買って見たものの
ちょっと敷居が高くて、実は、まだ、チャレンジしていません

 

どうやら、

私の好みは「共立て」で作った生地だったようで・・・・・

 

もちろん、「共立て」の生地にも、

チャレンジしてこなかったわけではないんですが、

きちんとレシピを呑み込めておらず、

失敗続きだったのです 

 

「ロールケーキ用の共立て生地」というのは、

巻くための柔らかさを持たせるためか、

小麦粉の配合量を極端に減らしたレシピが多くて、

いわゆる「スポンジケーキの生地」とはまた別の

コツが必要みたいです

 

その「コツ」が理解できる前の、

私が作る「共立てロールケーキ生地」は、

例えるなら、

こんな感じ↓の、

 

「目の粗いキッチンスポンジ」

見た目のキメが粗く、ぼがっ、としていて、

食感も、ざらざら?だったんですが・・・・・

 

f:id:maiko1970e:20170821222707j:plain

「コツ」が理解できた最近では、

なんとか、

思い描いていたような生地が

焼けるようになってきました

巻き方や、クリームとのバランス、切り方、などなど
課題は山盛りありますが・・・・・

 

生地のレシピは、

「一流シェフのとっておきロールケーキ」に載っていた

石塚伸吾パティシエの「純生ロール」を参考にしています

 

 

タイトルは「一流シェフのとっておき~」となっていますが、

少なくとも、この、純生ロールに関しては

材料は「卵・砂糖・薄力粉」のみで、とってもシンプル!!!

砂糖分としてトレハロースが使われているところとか、
使用する薄力粉に特宝笠が指定されている点は、

プロっぽいと言えばプロっぽいかな? 

ちなみに私はドルチェで作ってますが、
特に問題は感じていません

 

これだけの材料で、

「あの生地」が焼き上がるなんて、

もう、

ミラクル*:・'゚☆

としか、言いようがない。 

 

それだけに、

コツを外して失敗すると、

ただの、泡立った甘い卵焼きが出来上がってしまう

 ← コレのこと。

  

その、「コツ」に、

気づかせてもらったのが、

こちら↓のブログ記事

nuruilife.exblog.jp

 

エッ!! Σ( ̄Д ̄!) そんなに混ぜるのっ?????

 

そう、

共立てレシピ、最大のポイントは、

卵生地と粉をしっかり混ぜる」

と、いうこと。

ただ、
よく読んだら、

石塚パティシエのレシピにも、
小嶋ルミパティシエのレシピにも、
「しっかり混ぜる」と、書いてあった・・・・・

「しっかり混ぜる」

という言葉から思い描く作業量の、2~3倍の時間をかけて、 

とにかく、きちんと混ぜるのが、ポイントだったようです

 

たったこれだけのことで、

仕上がりが、こうも変わるとは!!!!!

久々に、「お菓子作りの科学」を見せつけられました

オカシノ カミサマ (´- `*).☆.。.:*・゜ アリガトウ

 

ところで、

私が参考にしているレシピ本一流シェフのとっておきロールケーキは、

現在廃版となっていますが、

内容が若干改定されて

一流シェフのロールケーキとして再販されています 

f:id:maiko1970e:20170822155545j:plain

新しい方を図書館で借りて、中身を確認しました!

 

 

内容の、一番の違いは、

紹介されているレシピが11品から13品に増えたこと、

追加されたのは
稲村省三氏のりんごカラメルロールと
横田秀夫氏の伊予柑ロール 

あとは、細かい点として、

レシピの掲載順序が違うこと、

レシピ説明文章のレイアウトが変わり、若干わかりやすくなったこと・・・

くらいでしょうか?

あと、本のサイズも、少し小さくなっていますね

 

いずれも、レシピ点数は少ないものの、

プロの、自慢のロールケーキレシピとこだわりポイントを学べる点では

とてもおススメのロールケーキ本だと思います

 

 

今回、

またまたロールケーキ作りにハマるにあたり、

「もう、これ以上はレシピ本を増やさない!」という決意を胸に、

図書館で「ロールケーキ本」を借りてきたんですが・・・・・

f:id:maiko1970e:20170822161206j:plain

この3冊のうち、1day sweets ロールケーキのAtoZは、

共立て・別立て・スフレ生地の製法、

表巻き・裏巻き、中に巻くクリーム、巻き方、etc・・・

それぞれの「違い」を、写真とともに丁寧に説明してある本で、

とても良かったです!

 

応用レシピのバリエーションも豊富で

絶版でなかったら、間違いなく購入していたと思います

決意もむなしく、中古本を買ってしまいそうな予感・・・ 

 

 

 

さて、次回は、

とりあえず、現時点で発見したところの、

「ハゲない、割れない、『共立て・表巻きのコツ』」 

を、書いてみたいと思います

f:id:maiko1970e:20170822164429j:plain

まだまだ、修業の日々・・・