読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

塩バターパン・リベンジ

「塩バターパンを気軽に食べたい」

という想いから

ホームベーカリーで焼成を行う、

という方法を何度か試したワタシ・・・

ですが、

「レシピ通りに成型するのが、いちばんおいしいね」

と、いう結論に、

早々に達しました

ちなみに初回トライで玉砕した時の記事がこちら ↓

ホームベーカリーで塩パンを焼いてみた - 「コロレ」別館

 

レシピは、前回と同じく、伯方の塩さん提供のこちらから ↓

愛媛で大人気!塩パンロール | 伯方の塩® | 伯方塩業株式会社

 

生地作りに関しても前回同様、

ドライイーストの分量を減らして、前日に生地を作り、

冷蔵庫で一晩ゆっくり発酵させました

 

そして、本日、午後三時半

冷蔵庫から生地を出し、分割

その後30分のベンチタイム

 

その後、成形

はいっ、毎度おなじみ、ミニまーぶる めん台が登場

 

長めのしずく型に生地を形作った後・・・

f:id:maiko1970e:20160108232359j:plain

 

めん棒でぐいぐいと伸ばしていきます

かーなり、ぺったんこにするのが、ミソ(だと思います)

f:id:maiko1970e:20160108232634j:plain

塩「バター」パンにする場合、

ここで棒状のバターを芯にして巻き上げる方法が一般的なようですが

塊を巻き込んでも、焼成中に大部分が溶け出してしまうので

私はポマード状のバターを生地全体に塗りつける方法で

バター感を出しています

 

溶かしバターではうっすらしか塗りつけられないので

あくまで

「ポマード状のバターを、やや、たっぷり」

というのがポイントです

わたし的には、ですが。

 

f:id:maiko1970e:20160108233242j:plain

バターを塗った生地を

手前からくるくると巻き上げて、成形

 

f:id:maiko1970e:20160108233403j:plain

にじみ出たバターで庫内が汚れないように

このパンに関してだけは

アルミのケーキ盆にのせて焼いています

 

この状態で最終発酵

やや低めの温度で(30度弱くらい?)1時間30分程度

 

レシピでは焼成前にオリーブオイルを塗っていましたが

今日はドリュール(塗り卵)の残りがあったので

それを使ってみました

f:id:maiko1970e:20160108234008j:plain

オーブンに入れる直前に、

ドリュールを塗ってから、

ガリガリと岩塩をふり、

焼成

 

f:id:maiko1970e:20160108234802j:plain

焼き上がり!

中にはいびつな子もいますが・・・

 

卵を塗ると、オイルの時よりツヤっとした表面になるかと思ったんですが

意外にマットな仕上がりで・・・ 

 

f:id:maiko1970e:20160108235050j:plain

やっぱ、塩バターパンは、この成形方法が一番おいしいねっ!

 

オーブンに火を入れたついでに

こんなものも焼きました

f:id:maiko1970e:20160108235330j:plain

ミニサイズの王様パイ♪

明日、娘たちが義母宅に遊びに行くというので、お持たせに・・・

もちろんフェーヴ入り♪

 

実はこのミニ・パイ、

逆折込パイ生地の二番生地(初回作った残り生地)で作りました

 

逆折込パイ生地は、バター&打ち粉の層が一番表に来るので

二番生地で作ったパイでも意外に綺麗なものができます

しかも、残り生地を集め、積み重ねてまとめているので

パイの層が約3倍増し!と超ボリュームアップ♪

その分一枚一枚の層の歯ごたえは無くなりますが

これはこれでホロホロ食感が楽しめます

 

子どもたちよ・・・

ばーちゃんちで、楽しんできておくれ

おかーちゃんは普通折込パイ生地を打つ予定だからね