読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

吉野陽美著「エイミーズ・ベイクショップの焼き菓子」を参考に、マフィンを焼いてみた

図書館で、予約すること約半年

待って、待って、

やっと順番がきました

「エイミーズ・ベイクショップの焼き菓子」

f:id:maiko1970e:20160427224322j:plain

 

さっそく、マフィンを焼いてみました!

 

f:id:maiko1970e:20160427224426j:plain

いつものごとく、

カップケーキ型で、焼成

 

f:id:maiko1970e:20160427224733j:plain

焼き上がりー!

 

参考にしたレシピが「ベリーベリーマフィン」で

冷凍のブルーベリーとカシスを使うものだったのですが

手元になかったので、チョコチップ入りで作ったんですね

そしたらば!

超甘甘な仕上がりに・・・・・・・

フルーツの甘みを補うために、

砂糖の量が多めなのかなぁと、レシピを分析

 

ただ、この「ベリーベリーマフィン」の生地を基本の生地として

それ以外のレシピでも同様に使っているので

フィリングによって生地の甘さを調節している、

というわけではないような・・・

 

砂糖の量はともかく、

こちらのレシピには生クリームがはいるので

焼き上がりはしっとりと、やさしい感じの仕上がりでおいしかったです♪

次回、砂糖の量を調節して作りなおせば

かなり好みの味に仕上がりそうな予感

それよりも、レシピ通りに冷凍ブルーベリーを手に入れろって話ですよ 

 

著者のレシピは、

「アメリカンベイクの合理性にフランス菓子の緻密さをミックス」

とあとがきにあるように、 

作業工程にはなかなか細かい指示があります

私は作り方にこだわりのある、こういうレシピの方が好きですけども

 

「ワンボウルでサクッと作る」的なレシピではないので

それをめんどくさいと感じる方もいらっしゃるかも・・・?

 

こちらのレシピ本ではマフィンのほか

トレイで焼くブラウニーのようなケーキやパウンドケーキなど

9種類の生地にそれぞれのアレンジレシピが紹介されています

 

Amazonでも、レビュー件数は少ないですが

なかなかの高評価

 

手元に一冊置いておきたくなる内容でした!

とりあえずは、図書館頼みで、ガマン、だけどね(涙)