読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コロレ」別館

サイト「コロレ」のブログ出張所です

何気ない日々をいろどる、ちいさなニュースを、つぶやいています

シュトレン2016 ; ドライフルーツの、下準備

さあさあ、

クリスマスが、

着々と近づいておりますっ!!!

 

って、ことで、

先日、

シュトレン用ドライフルーツの

漬け込みをいたしました

f:id:maiko1970e:20161028233726j:plain

 

シュトレン用ドライフルーツの下準備には、

作り手ごとに、

『長期間じっくり漬け込む派』とか、

『前日にさくっと派』とか、とか、

いろいろ流儀があるようです

 

一昨年、昨年と、

シュトレンを作ってきた私ですが、

 

シュトレンにおける、ドライフルーツは、

・ある程度付け込まれたフルーツでなければ、シュトレン生地がぱさつく

 その上、全体の仕上がりに深みが欠け、熟成の楽しみも半減

・水分が多すぎるフルーツは、シュトレン生地をべたつかせる

  漬かりすぎるとペースト状になり、生地と一体化して平坦な仕上がりに・・・

 

という矛盾を抱えた、

意外にも厄介な、シロモノであることに

気づきました

 

参考レシピを読み解くと、

じっくり派は、前者を解決するため、

さくっと派は、後者を避けるため、に、

それぞれの方法を取っていらっしゃる様子がうかがえます

 

じゃあ、私はどうしようか、と考えてみて、

出した結論が、こちら

 

じっくり漬け込み、しっかり水気を切る!

 

趣味の手作り品ならではの、酔狂いや、ひと手間です。

 

また、昨年は、

試行錯誤途中で、年末のドタバタ時期に突入し

シュトレンの話題から話半ばで離れてしまったんですが・・・

プレーンなシュトレン作りの最後の記事がこちら↓

シュトレン・チャレンジ 4回目 - 「コロレ」別館

 

その後もあれこれ変えて、試作を続けておりました

 

例えば、

すべての生地を混ぜ込んだ後、

シュトレン生地を三分割する際に

ドライフルーツの量に偏りが出るのが、どうも納得いかなくて、

結局、

捏ね上がった生地を冷蔵庫で発酵させる前に三分割して、

ドライフルーツを混ぜ込んでから、冷蔵発酵に移る方法に変更しました 

f:id:maiko1970e:20161110211802j:plain

 

なので、今年は、

はなっから3等分する予定で、

ドライフルーツも1回、3個分をあらかじめ分けて用意

f:id:maiko1970e:20161110212233j:plain

これでドライフルーツの種類&量も均等に♪

 

これを個別に容器に入れて

ラム酒漬けにしました

f:id:maiko1970e:20161110212359j:plain

とりあえず、5回分(中サイズのシュトレン15本分)を用意

 

f:id:maiko1970e:20161110212559j:plain

3日後

ドライフルーツが、かなりラム酒を吸ってしまったので

ドライフルーツの表面が液体から出ないよう、ラム酒を足しました 

 

今年の大阪は、

すでに冷え込みが厳しくて

日中の室内の気温が20度前後、という日が割とあるので

そろそろ、試作一号にチャレンジしてみようかと、思っています

 

 

小分けに、超便利!

前モデルよりもかさばりが少なく

開閉もしやすくなり、

使いやすくなりました!